「必ず!」ではありません。資格にこだわらず、楽しくレッスンしている方も多くいらっしゃいます。ただ、ご自身の取得した技術の証として取得されるのもいいと思いますし、第三者への技術提供をお考えであれば、資格取得をおすすめしています。