コース有効期間内は何度でも対策授業を受講できます。対策授業では何が足りないのか、毎回の授業で確認しながら、検定試験管でもある講師が採点も行います。